アルコールでEDに?お酒と性機能の関係に注意しよう

お酒が好きで自宅や居酒屋などで飲む機会が多いという人もいるかもしれませんが、飲み過ぎには注意が必要です。

実はEDと過度の飲酒には関連性があり、アルコールの過剰摂取により体調が悪くなればEDを発症してしまうかもしれません。

お酒が好きでEDを解消したいと考えている人は、禁酒するかお酒の量を減らすなどの努力が求められるでしょう。

アルコールと性機能の関連性

男性のペニスは性的興奮を感じると海綿体に血液が溜まり、充血が起こることで勃起します。脳から性的な刺激を受けたという信号が出され、それが陰茎に伝わります。

すると陰茎の血管が一酸化窒素の働きにより拡張され、血行が促進されると言われているのです。しかしお酒に含まれるアルコールを過剰摂取してしまうと、中枢神経に作用して脳が麻痺してしまうと言われています。

つまり信号を上手く伝達することができず、正常な勃起のメカニズムを妨害してしまう場合もあるのです。

アルコールの過剰摂取が習慣化すると危険

日ごろから飲むお酒の量が人よりも多く、毎日のように酔っ払ってしまう男性を考えてみましょう。節度を守ってお酒を飲む人よりも、1日あたりのアルコール摂取量が多い場合です。

過剰摂取が習慣化されることで、脳が萎縮してしまうかもしれません。すると正常な機能を果たせず、EDの症状がより深刻になってしまうことも考えられます。

またアルコールによりED以外の不調が現れ、全身に病気が起きてしまうかもしれません。某有名クリニックのデータによると、アルコールの過剰摂取により男性ホルモン低下や睾丸萎縮が起こる可能性もあるとのことです。

適度な量のお酒ならED予防になる?

お酒に含まれるアルコールは、絶対的に悪いものではありません。
EDやその他健康面を考えると過剰摂取はおすすめできませんが、適度な量であれば良く作用する場合もあります。適度な量のアルコールを摂取すると、アルコールデヒドロゲーナ―ゼという酵素の一種が活性化すると言われています。

アルコールデヒドロゲーナ―ゼには、神経や血管にダメージを与える活性酸素を除去する働きが期待できるのです。男性の性機能に関係する神経や血管にも作用し、ダメージを防ぎ勃起のメカニズムが維持されると考えられています。

そのためEDを予防する効果が期待できるのです。

毎日お酒を飲む人でも、量に気を付けていればEDを発症せずに済むかもしれません。ちなみに厚生労働省では、節度ある適度な飲酒量を1日平均でおよそ20グラムとしています。

適度な量のお酒ならストレス解消やリラックス効果も期待できる

EDには様々な種類があり、その中の1つに心因性EDと呼ばれるものがあります。強いストレスが続くことで精神状態が悪くなり、EDを発症してしまうものです。

ストレスが原因となる心因性EDの場合、それを取り除くことで改善が期待できます。上記でも説明した通り、アルコールの働きにより活性酸素が取り除かれると言われています。

活性酸素は神経や血管にダメージを与えるだけではなく、酸化ストレスの原因になるとも言われているのです。つまり本人の自覚なく体内でストレスが溜まり、体調不調が起こることもあるのです。

しかしアルコールの働きで活性酸素が取り除かれれば、体内のストレス軽減が期待できるのです。また適度なアルコールには、リラックス効果もあると言われています。

神経の働きのバランスが整えられ、緊張や不安が取り除かれると考えられています。心因性EDは緊張や不安が原因となる場合もあるため、適度な飲酒により予防できるかもしれません。

ED治療や予防のために禁酒したい場合はどうすれば良い?

禁酒をしなければならない場合、以下の内容が役に立つかもしれません。

  • アルコール依存症と診断された場合は専門医の下で適切な治療を受ける
  • お酒の量をいきなり減らすのではなく徐々に減らす
  • ノンアルコール飲料に切り替える
  • 趣味を見つけて禁酒によるストレスを発散させる
  • 飲酒以外の楽しみを見つける
  • 食事療法や運動療法を取り入れて健康を意識する
  • 専門機関でアルコール依存症による被害を学ぶ酒害教育を受ける
  • 精神科医や臨床心理士による個人精神療法を受ける
  • 心理社会的治療の1つである集団精神療法を受ける
  • お酒に関する考え方を改めるために認知行動療法を受ける
  • 家族や友人が周囲にいれば禁酒に協力してもらう

他人の協力があれば、禁酒の成功率を上げることができるでしょう。またEDを克服することで得られるメリットが見つかれば、禁酒に対するモチベーションが高まるかもしれません。

お酒を飲み続けながらのED治療を希望する場合、専門クリニックの医師に相談してみてください。EDの症状が深刻ではない場合、飲み過ぎなければお酒を認めてくれる医師もいるでしょう。