外科手術によるED治療は根本的な解決に繋がるの?

ED治療は専用の治療薬による薬物治療がメインと言われていますが、場合によっては外科手術が行われることもあります。

薬物治療やその他カンセリングだけでは根本的な解決ができない場合、ペニスに直接メスを入れることになるでしょう。

血管や神経に異常がある場合は、手術によりEDの根本的な解決が期待できるでしょう。

外科手術によるED治療により血管を治す

大きく分けて2つの種類の手術があり、1つは血管外科手術です。

男性のペニスは海綿体で構成されており、血液が溜まり充血を起こすことで勃起した状態となります。そのためペニスやその周辺にある血管に異常があれば、勃起ができなくなってしまう場合もあるのです。

検査の結果血管に異常が認められれば、それを治すために専門医による手術が行われるでしょう。

血管外科手術はどこで行われるのか?

一般的な泌尿器科系のクリニックでは、設備面などに限界があるため行われていないでしょう。

ED治療の専門クリニックでも、規模が小さなところは薬物治療がメインとなるかもしれません。しかし規模の大きな専門クリニック、また泌尿器科系の病院などでは手術が可能となるでしょう。

規模の小さなクリニックで血管に異常があるとわかった場合、治療のために手術を希望することをおすすめします。そのクリニックでは不可能であっても、紹介状を書いてもらえるはずです。

別の日に紹介状を持参し、規模の大きなクリニックか病院を訪れてください。

血管外科手術には2つの種類がある

海綿体に流れる血液の量が足りない場合、動脈性EDが起こる可能性があります。

また陰茎部から流出する血液を防ぐ機能が不十分の場合、静脈性EDが起こる可能性もあります。

血管外科手術はこの2つのEDによって分かれているため、以下にそれぞれの特徴をまとめます。

動脈性EDに対する血管外科手術

海綿体に血液が流れやすくなるように、人工血管や自分の静脈などを使いバイパス手術が行われるでしょう。

またカテーテルという細い管を使い、狭くなった血管を広げる手術方法もあります。

細かい抹消動脈が閉じている場合、複数の血管から新しい動脈を形成して流れる血液量を増やす手術が行われるかもしれません。

静脈性EDに対する血管外科手術

海綿体からの血液の流出が多い場合、深陰茎背静脈切除や陰茎脚結紮術という手術が行われるでしょう。

血液を海綿体に留めておく機能を上げることを目的とした手術です。

ペニスに人工器官を埋め込むプロステーシス手術もある

プロステーシスとは人工的に作られた医療用の器官のことです。

男性のペニスに対しては、陰茎プロステーシスを埋め込む手術が行われるでしょう。シリコンで作られた支柱を埋め込み、EDだったペニスを勃起状態にさせるための手術です。

ED治療の世界では、プロステーシス手術は最終手段であると言われています。他の手術やED治療薬では効果が期待できない患者に対して行われているためです。

また陰茎プロステーシスには、複数の種類が存在します。

棒状で曲げ伸ばしが可能なノンインフレータブルタイプ、水の移動によるポンプ式のインフレータブルタイプなどです。厚生労働省の承認を受けているものであれば、健康被害などの心配はないでしょう。

ただしプロステーシス手術は、性的快感を増すための手術ではありません。EDにより勃起ができなくなった男性のペニスの見栄えを、シリコンにより良くさせるための手術を言えるでしょう。

しかし勃起ができるようになれば、パートナーの女性は満足してくれるかもしれません。

ちなみにノンインフレータブルタイプのプロステーシス手術は、日帰り可能な場合もあります。少しでも早くセックスを楽しみたいのであれば、ノンインフレータブルタイプをおすすめします。

陰茎形成手術が行われることもある

何かしらの原因で陰茎が曲がっている、また折れている場合には陰茎形成手術が行われるでしょう。

過度に強い衝撃を受けると、陰茎骨折が起こる場合もあります。

陰茎骨折により血管や神経がダメージを受ければ、EDとなってしまうこともあるのです。

また先天性陰茎彎曲症や陰茎硬化症という病気も存在します。

いずれも海綿体に異常が見られることが特徴であり、治療のためには手術が必要となります。

陰茎形成手術を回避するための方法

以下に挙げる内容を守っていれば、陰茎を自ら守り手術をする必要がなくなるかもしれません。

  • 勃起が不十分なのに無理して女性器に挿入しようとしない
  • オナニー器具などはペニスのサイズに合ったものを使う
  • ペニスを曲げたり無理に力を加えようとしない
  • 勃起しているときにペニスをぶつけないようにする

陰茎にダメージを与えないように生活すれば、間接的なED予防にもなるでしょう。

手術が必要となった場合、実績の多い優良な病院かクリニックを選ぶようにしてください。

経験を積んだ優秀な専門医であれば、ペニスに余計な傷を残さずに根本的な治療ができるでしょう。