新婚EDとは何?結婚してすぐのカップルを襲う問題とは?

新婚の男女のカップルの愛を確かめ合うセックスは、互いにとっても大切な時間となるでしょう。

子どもが欲しいため妊娠を目的とする場合も考えられますが、男性のEDによって不妊が起こることもあるのです。

若い夫婦が新婚EDに悩まされる場合もあるため、治療や子作りは計画的に行うように心がけてください。

新婚EDとはどのようなものか?

心理的諸要因が主な原因であると言われており、結婚直後にセックスができなくなる状態を言います。夫が勃起できなければ、当然妻とのセックスに支障が及びます。

ペニスがフニャフニャとしたままでは、女性器の中に挿入することができないのではないでしょうか。たとえできたとしても互いに刺激を感じることができず、満足のできるセックスが期待できないでしょう。

また射精に至らなければ男性の精液が奥まで届かず、コンドームやピルがなくても妊娠しない可能性があるかもしれません。

新婚EDは年齢に関係なく発症すると言われています。そのため新婚の若いカップルであっても、無関係とは言えないのです。

夫が自然に勃起できるのであれば問題ありませんが、もし発覚した場合は早期の治療をおすすめします。

新婚EDは何故起こるのか?

原因の1つには緊張があると言われています。

新婚初夜にセックスを行う場合、恋人時代とは違ったドキドキがあるかもしれません。夫婦となって初めてのセックスは、男女ともに思い出に残るイベントと言えるでしょう。

そのため男性が余計に緊張してしまい、神経の働きが鈍くなってしまう可能性もあるのです。

また妻の方から夫にプレッシャーを与えることで、新婚EDが起こる場合もあります。すぐに妊娠して子どもが欲しいと妻が思っている場合、夫に必要以上に要求してしまうかもしれません。

必ず毎晩セックスを求める、精力に良いと言われる食べ物を出す、などがマイナスに作用するとEDの原因となるでしょう。

子どもを作るタイミングは夫婦でよく話し合い、それまでは避妊をしてセックスを楽しむと良いでしょう。その方が夫が感じる精神的負担は減り、勃起しやすくなるかもしれません。

また夫にセックスに関するトラウマがある場合、それが原因となりEDとなることもあります。

失敗したらどうしようというネガティブな考えが精神的負担となり、セックスに支障が及ぶかもしれません。

新婚EDによって夫婦関係がダメになる?

妻が夫に期待していた場合、新婚EDの事実がわかればガッカリしてしまうこともあるでしょう。

たとえ夫がEDであっても、2人で話し合い治療を続ければ良いと思われます。しかし、妻がガッカリした気持ちから抜け出せず、夫に不満を抱くようになると関係性にも影響するかもしれません。

夫も満足のできるセックスができないことにストレスを感じれば、さらに状況が悪くなる可能性もあります。夫婦のセックスは子孫を残す手段の他に、愛情表現の手段とも言えます。

そのためセックスレスが長く続けば、夫婦間に亀裂が生じることも考えられるでしょう。

ある専門クリニックのデータによれば、性的欲求の不満から不倫をしてしまう妻もいるとのことです。

また自分が悪かったのではないかという自己嫌悪から、離婚を言い出してしまう妻もいるようです。

新婚EDは専門クリニックで治療できる

男性治療に精通している専門クリニックを受診すれば、新婚EDの原因がわかるかもしれません。もし治療を希望する場合、可能であれば夫婦揃って受診すると良いでしょう。

ただし男性のみの治療を行っている場合、夫だけの受診となることもあります。上記でも説明しましたが、新婚EDは心理的諸要因により起こるものと言われています。

つまり機能性EDの一種である心因性EDの可能性があるのです。心因性EDの治療は、心理療法がメインとなるでしょう。

カウンセラーが在籍しているクリニックがおすすめ

規模の大きな有名クリニックなら、男性治療専門のカウンセラーが在籍しているかもしれません。

カウンセリングを通して症状や悩みなどを相談すれば、治療法や日常生活に関するアドバイスがもらえるでしょう。

優良クリニックであれば、カウンセラーには守秘義務が課せられているはずです。

新婚EDの主な治療法とは?

治療法には以下のようなものが存在します。

  • バイアグラやシアリスなどのED治療薬を服用する
  • ストレスが原因であれば休養を取る
  • EDの程度に合わせて暗示療法や行動療法を行う
  • 血管系や神経系に異常があれば手術や専門の治療薬の服用を行う
  • トラウマが原因であれば認知行動療法や自我状態療法を行う

上記のような治療法が確立されていることを、妻も理解しておくと良いでしょう。

新婚EDは夫だけの問題ではなく、夫婦2人の問題として協力しながら治療を続けることが重要です。

夫婦の絆が深まり精神的にプラスに作用すれば、EDが解消されて子作りやセックスが存分に楽しめるかもしれません。