機能性EDの症状とは?原因と症状、対策について知っておくべきこと

男性が患うEDには様々な種類がありますが、機能性EDには特に注意が必要となります。

年齢に関係なく発症する可能性があるため、他人事だと思って甘く見てはいけません。

機能性EDを発症する可能性があるのは何故か、詳しい原因や対策法をこの機会に覚えておきましょう。

機能性EDとはどのような症状なのか?

健康状態による影響ではなく、何らかの心身面の問題でスムーズな勃起ができなくなることを機能性EDと言います。

某有名メンズクリニックのデータによると、機能性EDは20代から40代に多く見られるとのことです。

勃起するために必要な陰茎部の神経、また血管には異常がないことも特徴です。

何かしらの原因により、脳からの司令が正常に伝わらない厄介な症状なのです。

もし勃起できたとしても、十分にビンビンな状態にならないとも言われています。

フニャフニャ感が残った中途半端な勃起となり、満足できるセックスが難しくなってしまうのです。

慢性的なストレスがある場合、若い世代の男性でも発症の可能性があります。

また体力が衰えやすい中高年世代でも、注意が必要です。

若いころに比べて勃起するまで時間がかかる、勃起する力が弱くなった、などの症状は機能性EDの前兆かもしれません。

機能性EDには2つのタイプがある

1つ目は心因性EDで、ストレスや不安などにより勃起ができなくなってしまいます。

仕事や人間関係のストレスがある場合、発症しやすいと言われています。

また抑うつなどの精神状態の不調がある場合も、注意しなければなりません。

自覚症状がなく突発的に起こる場合もあります。性欲低下や過剰抑制などの症状が見られることも特徴です。

2つ目は精神病性EDで、うつ病や統合失調症などの精神疾患が原因となり勃起ができなくなります。

重症化している人には、幻覚や妄想などの症状も見られます。

正常なセックスが困難となるため、心因性EDより厄介と言って良いでしょう。

何故機能性EDが起こってしまうのか?

原因として最も多いと言われているのがストレスですが、一口に言っても様々なものが考えられます。

仕事や人間関係だけではなく、ストレスにどの程度強いかも関係するでしょう。医学の世界では、男性は女性よりストレスに弱いと考えられています。

また男性によっても、耐久は個人差があるのです。

たとえば過去にセックスに関することで、恥ずかしい経験をしたとします。

純粋な気持ちで目の前の女性と楽しめる男性は、過去のトラウマを忘れてしまうと思われます。

しかし、ストレスに弱い男性の場合、セックスがきっかけとなりトラウマが蘇ることもあるでしょう。

心の奥底にある深層部分の中にしまった嫌な経験が、セックスによりフラッシュバックしてしまうためです。

すると冷静さを保つことが難しくなり、神経の働くに影響が出ると言われています。

結果として勃起ができなくなり、機能性EDとなってしまうのです。

自らの性に関する言動にコンプレックスがある場合でも、同様のメカニズムで機能性EDを発症するかもしれません。

機能性EDには対策方法はあるのか?

ストレスが原因となる場合は、上手く付き合うことが重要です。

また現代医学に基づかれた予防法、治療法も確立されています。対策として効果が期待できる方法には、次のようなものがあります。

  • 仕事や人間関係の悩みがあれば誰かに相談する
  • ストレスを感じたら無理をせず休養を取る
  • ストレス発散となる楽しみや趣味を見つける
  • 辛くてもいつか勃起できるかもしれないという希望を持つ
  • 勃起できないときはすぐに専門クリニックを受診する
  • 必要に応じて薬物治療を行う
  • 行動療法などで心理的プレッシャーを解放させる

無理をしてストレスに強くなるのではなく、適切な対策方法を取ることが求められます。

まとめ

たとえ注意をしていたとしても、ストレスを感じることは誰にでもあるでしょう。

小さなストレスでも毎日のように続けば、いつか心を押し潰すほどの大きなものになるかもしれません。ストレスがある限り、機能性EDの可能性もあると考えておくべきです。

しかし、すべての男性が機能性EDを発症するわけではありません。過去にトラウマがあったとしても、過去の出来事として受け入れれば良いのです。

それが上手くできない男性が、機能性EDを発症しやすくなると言われているのです。

もし発症してしまった場合、決して1人で悩み続けないでください。

ただ悩み続けていても、正常な状態まで改善することはないでしょう。まずは勃起できないという現実を理解し、どうすべきか考えるのです。

専門のメンズクリニックに行けば、専門医やカウンセラーが治療やアドバイスをしてくれるはずです。

再び勃起できるのだと理解できれば、自信回復や爽快感につながるでしょう。それらが力強い勃起のための原動力となり、良い流れが生まれるかもしれません。

機能性EDの治療は、メンズクリニックで行われることが基本です。加えて精神疾患がある場合、心療内科か精神科での治療も必要となるでしょう。