陰茎海綿体注射によるED治療で期待できる効果とは?

EDを克服するための治療法には様々なものがありますが、その中の1つに陰茎海綿体注射というものがあります。

名前の通りペニスを構成する海綿体に直接注射をする方法で、強制的に勃起を促すものです。

海外のED治療の現場でも採用されており、日本国内の専門クリニックでも陰茎海綿体注射が可能なところもあるでしょう。

陰茎海綿体注射とは一体どのようなものか?

専門クリニックによっては、ICI治療という呼び方をされているかもしれません。ペニスにある海綿体の中に、血管作動薬という薬を直接注射する治療法です。

某大学の医学部の公表データによると、1978年に塩酸イソクスプリンを海綿体に注入すると勃起が起こることが判明したのです。1982年には塩酸パパベリン、1983年にはフェノキシベンザミンに同様の効果が期待できることも判明したのです。

1986年にはプロスタグランディンE1にも勃起を誘発する効果が期待できるとわかりました。また同年にはプロスタグランディンE1は効果が高く、副作用の可能性が低いという研究結果も報告されています。

そのため陰茎海綿体注射が行われる場合、プロスタグランディンE1が主流となるでしょう。

陰茎海綿体注射の手順

まずペニスの注射部位に消毒を施します。あるクリニックの治療法紹介の記事によると、消毒には消毒綿を使い10回以上強く拭くとあります。

消毒完了後に注射針を根本まで深く刺し、プロスタグランディンE1などの薬剤を注入します。

注射部位が出血を起こした場合、圧迫して止血を行います。

陰茎海綿体注射にはどのような効果が期待できるのか?

プロスタグランディンE1などの勃起誘発効果が期待できる薬剤を注射することで、力強い勃起が起こる場合もあります。某専門クリニックのデータによると、陰茎海綿体注射は数あるED治療法の中でも効果が高いとのことです。

そのデータには日本における疾患別の有効率は、血管性EDを除いて高い数値を誇るともあります。たとえば骨盤内手術の場合、有効率は59パーセントから90パーセントとなります。

脊髄損傷で80パーセント、糖尿病で75パーセントから92パーセントの有効率を誇るという報告例があるのです。

海外の医療機関の調査により、ED患者の70パーセントから90パーセントに対して有効だったという報告例もあります。

これらのデータから、陰茎海綿体注射には高い確率で勃起が起こることが期待できるとわかります。他の治療法で効果が出なかった場合、陰茎海綿体注射を検討すると良いでしょう。

陰茎海綿体注射には副作用はないのか?

上記ではプロスタグランディンE1には副作用の可能性が低いと紹介しましたが、まったくないわけではありません。

またどの薬剤が使われるかは、治療を行う医師によって異なる場合もあります。そのため副作用が出やすい薬剤によって、悩まされてしまう可能性もあるのです。

治療後に注射部位にズキズキとした痛みを感じる人もいるかもしれません。海外の医療機関の報告データによると、陰茎海綿体注射を受けた8パーセントから24パーセントに副作用が見られたとあります。

また皮下出血や海綿体線維化、浮腫や発赤なども報告されているとのことです。高い効果が期待できる反面、副作用について覚悟をしておいた方が良いかもしれません。

勃起の継続時間が長くなる場合もある

4時間以上継続して勃起が起こる場合、持続勃起症の可能性があるでしょう。

EDによりペニスが勃起できないことも問題ですが、勃起の継続時間が長すぎてしまうのも問題なのです。勃起状態が長く続くと、ペニスに痛みを感じてしまうこともあるためです。

もし4時間以上勃起が継続するようであれば、すぐに専門クリニックを受診してください。

陰茎海綿体注射を受ける前に注意しておくこと

いきなり陰茎海綿体注射を受けるのではなく、以下の内容に注意してからの方が良いでしょう。

  • 事前にシャワーを浴びてペニスを清潔な状態にしておく
  • 排尿をしたい場合は注射の前に済ませておく
  • 陰茎海綿体注射の前に必ず検査を受けておく
  • 受診する専門クリニックが陰茎海綿体注射を行っているかを確認する
  • 陰茎海綿体注射後にセックスやオナニーができるかどうかを確認する
  • 心臓や血管に関する持病がある場合は必ず医師に伝える
  • 持病の治療のために服用している薬があれば必ず医師に伝える
  • 陰茎海綿体注射による効果判定が必要な場合は指示に従い待機する

陰茎海綿体注射はペニスに直接薬剤を注入するため、入念な準備が求められます。また薬剤注入後に経過観察が必要となる場合もあるため、治療の前後は焦らずに過ごしてください。

ED治療薬が服用できないからとあきらめていた男性にとって、陰茎海綿体注射は希望の光となるかもしれません。一度の注射で勃起が起こらない場合でも、複数回の注射によりビンビンとした勃起が起こることもあるでしょう。