本当にEDなのかを調べる病院の検査項目と数値について

EDかどうかの判断は素人には難しいため、病院で行われる検査によって本当にEDであるかがわかるでしょう。

もし自分がEDであるかを知りたい場合、専門的に治療を行っている病院またはクリニックを受診することをおすすめします。

いくつかの検査項目が存在し、それらからわかった数値などをチェックしてEDであるかを専門医が診断するでしょう。

検査の前にまずは問診が行われる

EDではない他の病気であっても、優良な病院やクリニックでは必ず問診が行われるでしょう。いきなり患者の病気を決め付けるのではなく、患者の状態を専門医が把握するために必要となります。

ED治療の問診の場合、国際勃起機能スコア5という問診票が利用されることもあります。名前の通り国際基準となっているスコアであり、患者のEDがどの程度のものかを簡単に把握できるのです。

設問はすべてで5つ用意されており、回答は5項目から6項目。患者はその中から自分に当てはまるものを選択します。

最終的にスコアの合計点数が21点以下であれば、EDの疑いがあることになります。ただし国際勃起機能スコア5の結果はあくまでも目安であり、絶対的なものではありません。

また正確なスコアが出ない場合、治療が行えない可能性もあります。

国際勃起機能スコア5はネット上で公開されている

ネット環境がある人は、受診前にスコアのチェックを行っておくと良いでしょう。スコアの結果を持参して受診すれば、問診にかかる時間が短縮されるかもしれません。

事前に出たスコアの結果は、カンセリング時に医師に渡してください。

血圧やテストステロンの数値を測定する

まず血圧についてですが、生活習慣病の1つに高血圧の症状があります。実は生活習慣病とEDには、深い関係性・影響があるんです。

厚生労働省のデータによれば、糖尿病や高血圧などを患っている男性はEDになりやすいという報告例が紹介されています。高血圧によりEDの疑いも強くなるため、検査が行われることもあるのです。

また低血圧の人がED治療薬を服用すると、重度の低血圧を引き起こすこともあります。そのため事前に患者の血圧を把握し、ED治療薬の服用が可能かをチェックする必要があるのです。

次にテストステロンですが、ペニスが勃起するために必要だと言われている男性ホルモンの一種です。つまりテストステロンの分泌に関する数値が低いと、勃起が難しくなると言えます。

病院やクリニックによっては、血圧と一緒にテストステロンの数値を検査するところもあるでしょう。

テストステロンの分泌量は中高年になると減少すると言われています。そのため40代以上の男性患者であれば、医師が検査を勧めるかもしれません。

バイアグラテストが行われる場合もある

ED検査で行われるバイアグラテストは、EDとなってしまった原因を明らかにするものではありません。患者に対してED治療薬を処方し、経過をチェックするためのものとなります。

バイアグラテストにより問題がなければ、そのままED治療薬による薬物治療が行われるでしょう。ちなみにバイアグラテストでは、バイアグラ以外のED治療薬が処方される場合もあります。

ED治療薬には複数の種類があり、患者の症状や体質によって期待できる効果が異なることもあるためです。

バイアグラの他には、レビトラとシアリスという治療薬があります。3つのED治療薬を1つずつ試し、患者に最も合うものを処方し続けることになるでしょう。

もしバイアグラテストで十分な結果が出なかった場合、薬物治療以外の方法が試されるかもしれません。

夜間勃起テストとICIテストが行われる場合もある

EDではない健康な男性の場合、レム睡眠時に反射的な勃起が起こると言われています。医学の世界では、レム睡眠時の勃起は心理的な影響を一切受けないと考えられているのです。

そのため夜間勃起テストで勃起が確認できれば、ペニスの機能に問題がないと言えるでしょう。またICIテストを行う場合、陰茎海綿体注射療法が行われます。

ペニスを構成する海綿体に直接注射をして、血管や神経の状態をチェックするためのものです。

夜間勃起テストの意味について

夜間勃起テストを行うことには、以下のような意味があります。

  • 夜間勃起テストをクリアできれば心因性EDではないことがわかる
  • 睡眠時に勃起できない場合は血管や神経に異常があるかもしれないことがわかる
  • 結果により医師がICIテストを行うかどうかを判断できる
  • 睡眠の質に問題があることがわかれば精神科や心療内科と連携が取れる
  • 不眠の症状があれば生活習慣に関する指導ができる

夜間勃起テストでわかることもあるため、積極的に受けると良いでしょう。また検査項目を1つずつクリアして正確は数値がわかれば、医師もその後の治療方針を決めやすくなるでしょう。

自分に合わない治療法を続けても効果が期待できないため、検査が行われる場合は必ず指示に従ってください。