EDになりやすい・注意したい年齢やEDにまつわるタイミングについて

男性が患うEDは加齢とともに症状が見られる場合もあるため、中高年の病気というイメージがあるかもしれません。

確かに中高年の男性は注意しなければなりませんが、最近では若い男性の間でもEDが増えていると言われています。

年齢的な問題だけではなく、様々なことが原因となり下半身に元気が出なくなる可能性があるでしょう。

EDになりやすい年齢はあるのか?

ある男性治療の専門クリニックの調査によると、40代から50代の患者が最も多いという結果が出ています。

家庭環境や仕事上のストレスなどが主な原因と考えられています。

また60代から80代の高齢男性が受診することもあり、若いころの自信を取り戻したいと考える人が多いのかもしれません。

さらに20代から30代の若い男性が受診する場合もあるようです。

こうしたデータから、EDはすべての年齢は関係ないことがわかるのではないでしょうか。

EDの患者が最も多い40代から50代は要注意

20代でも発症する可能性がありますが、やはり40代と50代の男性は日ごろから下半身の健康を意識した方が良いでしょう。

若いころは問題なく勃起できても、精力の低下により同じことができなくなるかもしれません。

また体力の低下により、勃起してもすぐに力尽きてしまう人もいると思われます。

40代に入ったら、一度専門クリニックに相談すると良いかもしれません。

たとえ下半身の元気が失われていても、適切な治療を受けることで若いころのように元気が出る場合もあります。

過度なストレスなどが原因となる心因性EDのタイミング

EDは肉体的な衰えだけではなく、精神面の影響を受ける場合もあります。

人間関係や仕事上のトラブルが続き、精神的にダメージを受けた場合を考えてください。

精神的なダメージの大きさや理由は、人によって異なるかもしれません。

しかし、年齢は関係なく、若い人から中高年まで誰にでも可能性があるのが心因性EDです。

心因性EDはタイミングの特定が難しいと言われています。

それまでEDではなかった健康な男性でも、ある日突然発症する場合もあるためです。

また夜間や早朝には勃起が起きても、女性を前にすると起こらなくなるという男性もいるでしょう。

自分でもわかるほどストレスを感じているときが、発症のタイミングの目安となるかもしれません。

薬を服用することで発症する薬剤性EDにも注意

EDをコンプレックスとしている男性の中には、他にも何かしらの持病を持つ人もいるかもしれません。

持病の治療のために薬を服用する場合、そのタイミングでEDになりやすくなることもあるでしょう。

薬の中に含まれている成分が影響し、勃起を妨げてしまうと言われています。

薬剤性EDを起こす可能性があるものには、以下のようなものがあります。

  • 抗うつ剤や抗不安剤などの中枢神経に作用する薬
  • 麻酔や鎮けい薬などの末梢神経に作用する薬
  • 不整脈治療薬や血管拡張剤などの循環器系に作用する薬
  • 消化性潰瘍治療薬などの消化管に作用する薬

もしこれらの薬を服用している場合、必ず専門医に伝えてください。

組み合わせ的に問題がなければ、ED治療薬を処方してもらえるでしょう。

また持病のための薬は、自分の判断で服用をやめてはいけません。

症状が悪化してしまい、健康状態を悪くしてしまうこともあるためです。

EDのタイミングはどうやってわかる?

一口にEDと言っても様々なタイプがあり、原因にも様々なことが考えられます。

たとえば1人で過ごしているときに、オナニーをするとわかりやすいかもしれません。

性的な画像や動画などを見て勃起が起これば、EDの心配はないでしょう。

勃起が起こるまでに時間がかかる場合、勃起はするが不完全である場合、などは危険信号が出ているかもしれません。

中途半端な勃起である場合、軽度から中度のEDであることもあります。

また裸の女性を前にして勃起が起こらない場合も、EDの可能性があるでしょう。

パートナーの裸を見て性的に興奮していても勃起が起こらない人は、精神面または血管や神経に異常があるかもしれません。

不安があれば専門クリニックを受診するべし

EDにまつわるタイミングの判断を自分ですることは、難しいかもしれません。

しかし、男性治療を行っている専門クリニックで検査を受ければ、EDであるかどうかがわかるでしょう。

もしEDではなかった場合、たまたま下半身の調子が悪かっただけかもしれません。

EDであることが判明しても、早期治療により改善が期待できます。

専門クリニックであれば、一般の泌尿器科では行われていない治療法が可能なはずです。

場合によっては手術が必要となりますが、症状に合ったED治療薬の処方だけで済むこともあるでしょう。

EDは年齢に関係なく発症する可能性があるため、日ごろからストレスや生活習慣に注意することが重要です。

また勃起が起こるまでの時間や回数などを細かくチェックし、下半身の状態をメモに書くなども良いでしょう。