EDを改善するためのツボ押しについて・夫婦で楽しむのもおすすめ

男性のEDを改善するための方法は複数存在しますが、治療の一環としてツボ押しを試すのもありです。

特定のツボを押して刺激を与えることで、ペニスやその周辺にある神経や血管に作用すると言われているのです。

結婚している夫婦の場合、互いの健康のために2人揃ってツボ押しを続けてみると良いでしょう。

ED改善のためにツボ押しが良いのは何故か?

ツボ押しにより経路を通じて刺激が届けば、機能が悪くなっている器官や内臓の働きが良くなると言われています。

つまり男性の勃起に関係するツボが刺激されることで、自律神経のバランスの正常化が期待できるのです。自律神経のバランスが整えられれば、ホルモン分泌のバランスが整うことにも繋がりえます。

EDとなってしまう原因の1つに、勃起に必要なホルモンの働きの低下が挙げられるでしょう。男性ホルモンの分泌量が不足してしまうと、性欲があっても勃起がスムーズにできない場合もあります。

ストレスなどが原因でホルモンバランスが悪くなっている男性には、ツボ押しが有効な改善策となることもあります。またツボ押しにより、血行が促進される効果も期待できます。

特に下半身の血行が促進されれば、勃起に必要な血液量が確保しやすくなるでしょう。勃起はペニスにある海綿体が充血することで起こるため、ED改善を目指す人にはおすすめです。

ED改善効果が期待できるツボはどこにある?

複数のツボが存在しますが、まずは指にある商陽と呼ばれるツボを押すと良いでしょう。人差し指の爪の横にあり、上から爪を見たときに根元の角からおよそ2ミリメートル離れたところを押してください。

自律神経を整える効果が期待できると言われており、精力増強に良いでしょう。

また手のひらにある労宮と呼ばれるツボもおすすめです。

拳を握ったときに中指の先端が当たる箇所を押してください。血行を促進して酸素供給量を増やす効果、疲労回復を促進する効果、などが期待できます。

ツボ押しを夫婦で楽しんでみよう

夫婦であれば、子作りや愛を確かめ合うためにセックスを行うこともあるでしょう。しかし夫がEDとなってしまえば、セックスレスに陥ってしまうかもしれません。

ある法律事務所の調査データによると、夫婦が離婚する原因のランキング上位にセックスレスがあるとのことです。夫婦の仲が悪くなることを防ぐためにも、2人でツボ押しを続けると良いでしょう。

ツボ押しにより期待できる血行促進効果は、女性の身体にも同じように期待できます。夫婦揃って健康体であれば、充実したセックスライフを過ごせることでしょう。

ツボ押しを行う場合のポイント

爪は事前に短く切っておき、やすりを使って整えておいてください。長く伸びている状態であると、爪によりツボのある箇所が傷付いてしまうこともあるためです。

また指を使ってツボ押しを行う場合、指の腹を使って圧を加えるとやりやすいでしょう。

ツボはただ押せば良いのではなく、角度も重要だと言われています。できるだけ垂直になるように押すことがポイントです。おかしな角度で刺激を与えると、皮膚の下にある筋繊維に余計なダメージを与えてしまうこともあるためです。

同じ箇所を長く押し続けることも避けた方が良いでしょう。ツボ押しは長くても10秒間であることを意識してください。時間が短すぎても筋肉の表面がほぐれないため、ストップウォッチなどで時間を計りながら行うと良いです。

注意
もしツボ押しにより筋肉を傷めてしまった場合、無理せず休むようにしてください。痛みがなかなか取れない場合、痛みがずっと続く場合は皮膚科や接骨院などを受診し相談するようにしましょう。

ツボ押しを行う場合に注意すべきこと

ED改善を目的としたツボ押しの場合、以下の内容に注意した上で行ってください。

  • 心臓やその他内臓に持病がある場合は強く押し過ぎない
  • 酔っ払っている状態でツボ押しを行わない
  • 伝染病を患っている場合もツボ押しを行わない
  • ツボやその周辺に怪我がある場合もツボ押しを行わない
  • 発熱時は無理をせず休養を取ることを優先させる
  • 高齢者の場合は専門医や整体師の指導の下で行う
  • 夫婦で行う場合妻が妊娠していれば無理して行わない
  • ツボ押し用の器具を使う場合は怪我に注意する

確実にツボ押しを成功させたい場合、当然ながらプロに行ってもらうべきです。規模の大きな整体院であれば、夫婦揃ってツボ押しによる施術を受けられるかもしれません。

またツボ押しの方法を間違えてしまうと、思わぬ体調不良を招いていしまうことも考えられます。自分で行う場合、事前に専門書などを読み勉強しておくことをおすすめします。

ED治療薬などので改善が見られなかった場合、正しい方法でツボ押しを続ける習慣を身に付けると良いでしょう。ツボ押しに関しては専門クリニックの医師ではなく、その道のプロである整体師からアドバイスを受けた方が良いでしょう。